小満

おはようございます。

はなやが24節気 “小満”をお知らせ致します。

西洋星術では、ふたご座の始まりとされている 小満。

全てのものが次第に成長して、天地に満ち始める頃を表しています。

一説によると、
麦の穂が出始めた頃、それをみた農民たちが少しほっとして満足することから
転じて ”小満” (小さな満足)とつけられたのかも?といった由来があるとも言われています。

なんだか、それを聞くと心がふわっと柔らかくなるように感じます。

花たくのある札幌でも、
最近では20度を超える日が続き、青空が広がっていますね。

ふと近くの山に目をやると
木々の緑が少しずつ色濃くなり、万物の成長がうかがえるのではないでしょうか?

一番、過ごしやすい季節とも言われる小満。
新しい節気も心楽しい気となりますように。