花たくからのお知らせ

秋分の日

こんばんは。

本日は秋分の日でしたね。

朝と夜の長さが同じ季節となりました。

日本の北に位置する札幌では、
これからどんどんと夜の長さが 他の都府県よりも長くなってきます。
なんと、冬至には15時間は夜となります。

秋になると ”秋の夜長”という言葉がありますね。

明日からは昼よりも夜の時間の方が長くなっていきます。

月を見て楽しんだり
本を読んだり
人と会い、語りあったり。

夜を楽しみましょう。

では、素敵な週末をお過ごしくださいませ。

 

 

秋色のブライダルブーケ

おはようございます。

秋が深まり
札幌では日中の気温も17度と
どんどんと秋めいています。

秋にご結婚式をされる方の中にも
季節感を取り入れたドレスやブーケ
会場装飾をされる方もいらっしゃいます。

毎年、結婚式を挙げた季節がきたな〜と
植物や空気を通して感じることもできますね。

秋色のブライダルブーケ。

赤・赤茶色・ベージュの濃淡のあるバラをあしらい
お届けさせていただきました。

バラ(ジュリア)
バラ(ザ・プリンス)
バラ(パフューパープル)
バラ(テナチュール)

では、素敵な1日となりますように☆

9月のお花

おはようございます。

9月1日は 210日(にしゃくとおか)という雑節で
台風の多い日と言われています。
そこを過ぎると天気予報では
台風の知らせが賑やかになってきますね。

そして気づくともう9月も中旬。
少し遅くなりましたが、
9月のお花です。

マム。

秋はマムがより豊富になる季節。
菊と聞くと、どうしてもお葬式などといったお供えのお花のイメージが強い方も多いのかと思います。

しかし天皇家のシンボル”菊の御紋”に始まり
高貴なところにも 菊は使用されています。

なんだか陰陽の印象がある花ですね〜

もともと、菊は平安時代に中国から伝承されたと言われています。
当時の中国では、 蘭・竹・梅とともに 気品に溢れる草木とされていました。
さらに 薬草としても用いられ、”健康長寿”に効能があるとも言われていました。

そのため、日本でも高貴なところに菊が用いられたようになったのですね、

ですが、戦後にかけて、
なぜは死者に手向けるための花というイメージがついてしまいました。
理由としては、年間に安定供給が見込めるからという説もあるのだとか??

しかし、最近ではその風習が見直されてか
ブライダルの和装婚礼の会場やブーケ
そして花嫁様の頭飾りにも彩どりの菊が使われるようになりました。

そのため、菊の季節 秋になると
眺めることが楽しいほど、美しい菊たちが市場を賑わせます。

花たくでも秋の花束として
菊の花束をお届けいたします。
ダリアと菊・そしてバラを使った花束。


 

では、本日も素敵な1日となりますように☆

トウガラシ 鷹の爪

おはようございます。

36番目、新しい1週間の幕開けとなりました。

めっきり秋めいてまいりまして、
花たくのお花たちもどんどん秋のものへと変化しております。

トウガラシ 鷹の爪

曲がった先が鷹の爪に似ていることから名付けられたというトウガラシ。

こういった赤や黄色といった実のものが入荷する季節となりました。

花で秋を感じる。

はなや冥利に尽きます。

が、花たくはこの季節をみなさまにももちろんお届けいたします。
では、本日も素敵な1日となりますように☆

ブライダル会場装飾

おはようございます。

週末の花たくの朝は早い時間よりスタートです。
本日門出を迎えるご新郎・ご新婦様へのブーケの制作から1日が始まります。

ブーケを作ったのちに
お二人の会場装飾となるのですが・・・・

先日お届けしたとある会場の結婚式会場装飾です。


アジサイがお好きなご新婦と
フワ〜と柔らかい雰囲気のご新郎の結婚式。

お二人の雰囲気をそのまま会場に投影させた
心温まるお式となりました。

では、本日も素敵な1日となりますように☆

9月の営業時間のお知らせ

おはようございます。

予測最高気温 22度の札幌です。

本日より9月がスタートしましたね。

9月は和名で 『 長月 』と言います。
夜がどんどん長くなってくることから 夜長月
そして 長月へと略させて行ったと言われています。

他にも、「稲刈月」 「稲熟月」 「穂長月」と稲に関する名前が多い月でもあります。
これからどんどんと収穫の季節になっていくことから名前がついたのでしょうね。

さて、花たくは9月も火曜日は定休日となっております。

 

営業日 :   水曜日〜月曜日 (火曜日は定休日)
営業時間:   9:00 〜 19:00

までとなっております。

新しい月もみなさまにとって素敵な月となりますように☆